石丸梧平顕彰碑 銅像モニュント 宗教思想家 / 豊中市熊野町

スポンサーリンク

石丸梧平顕彰碑 銅像モニュント

石丸 梧平(いしまる ごへい、1886年4月5日 – 1969年4月8日)は、日本の宗教思想家。
大阪府生まれ。号を梅外。茨木中学校(現茨木高等学校)卒。
早稲田大学国史学科卒業後、教員となる。
その後小説など執筆活動を始め、青年に対する教育的・啓蒙的なものを多く書いた。
雑誌『人生創造』を刊行し、花園大学客員教授などを務めた。
川端康成は若いころ梧平の影響下にあった。
wiki 引用

人生に結論なし ただ創造の一途あるのみ
意味は發見し得る者にのみ輝く   石丸梧平

深田興平次君功労記念碑
明治三十五年五月建之 有志 熊野田村

同じ敷地にある石碑

当時、村長として村政に尽力したので建てられた碑みたいです。

名称 石丸梧平 顕彰碑  銅像モニュント
場所 〒560-0014 大阪府豊中市熊野町1丁目7 付近
設備 囲いあり
地図
豊中市
スポンサーリンク
jyankをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
とよエンジン home

コメント