豊中市広田町 大阪市服部霊園 王将阪田三吉之墓 / 戦争慰霊塔記

スポンサーリンク

大阪市服部霊園 王将阪田三吉之墓

園霊服服市阪大  極楽橋

王将阪田三吉之墓

故阪田三吉先生は、堺市に生れ独力よく将棋八段の高位に進まれたる偉才・・明治大正の棋界不振時代・・棋道一途に研鑽練磨・・全盛時代には日本一の棋力だと謳われた。性温厚よして名人の風を備え奇行極めて多く倒せる愛棋家少なみらす今なお其人柄を偲ぶ者多し先生逝きてよりここに十年 劇に映画に数奇を極めたる障害が描かれて没後一段と光彩を放つものであり洵で偉大なる棋士といふべし 日本将棋連盟は 昭和三十年十月一日? 坂田先生に名人 王将位を贈り碑を建て後世にのこすものである?
日本将棋連盟会長 荻原淳 高橋?太郎書
※読めてないところもあります・・・

横」昭和三十一年一月 日本将棋連盟建之

「銀が泣いている」の名せりふで知られる阪田三吉
「王将」のタイトルで数多くの演劇や映画、歌の題材とされました。
明治3年(1870)、堺市の生まれ。好敵手関根金次郎との幾度かの名勝負はよく知られています。
昭和13年(1938)第2期名人戦を機に引退。
昭和21年(1946)、大阪市の自宅で76歳の生涯を閉じた。
引用:ガイドブッウ


2-5区画

名称 大阪市服部霊園 王将坂阪田三吉之墓 戦争慰霊塔記
場所 〒561-0863 大阪府豊中市広田町1−1
地図

大阪市服部霊園 戦争慰霊塔記

慰霊塔記
太平洋戦争の末期において大阪市内は大小二十数個に渡り焼夷弾爆弾により空襲を受けました。
戦災地域は主に都心から臨海知多に掛けて市域の三分の一に達し被災者総数百十余万人うち死者は一万に余りに上りました。
昭和二十三年本市は当時校庭や公園の片隅にカリ埋葬された遺体の改装を行い無縁の遺骨二千八百七十体をここ服部霊園に合葬しましたがこの度この塔を建立し大阪全市の戦災死者の霊をともらうこととしました。
昭和三十三年九月建立 大阪市

豊中市
スポンサーリンク
jyankをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
とよエンジン home

コメント