足の神様 服部天神宮 初詣 豊中市

スポンサーリンク

初詣・・・服部天神宮

3日に初詣・・・

足の神さん

まぁとりあえず行っとかななね!

お賽銭入れるとこは、それなりに人がいたので写真は、遠慮してきた

入口と・・・

今の時代は、なんでもネットで見れますしね・・・

●この道路は、江戸時代「大坂」から「池田」「能勢」「亀岡」に通ずる主要幹線道路として、人、馬の往来繁かった「能勢街道」です。
●この街道に面して、その道程の中間に位置した「服部天神宮」は「足の神様」として崇敬を集め「全国から参詣の善男善女」と「能勢街道往来人の宿場との、二つを兼ね備えて、境内外は非常な賑わいを呈し旅篭、料亭、茶店が軒を列ねて、江戸中期から末期にかけて、その最盛期であったことは、神社に現存する数多くの絵馬や、建造物や、道標がこれを物語っています。
●明治43年に小林十三によって開通した箕面有馬電気軌道(今の阪急電鉄)は殷賑をきわめた服部天神前まで、態々三国から電車を迂回して駅を設けて駅名を「服部天神駅」と名付けました。
●落語で名高い「池田のシシ買い」にも能勢街道「服部の天神サン」が出てきます。

名称服部天神宮 はっとりてんじんぐう
とよなか百景の一つ
場所大阪府豊中市服部元町1-2-17
設備トイレあり
駐車場なし
ホームページ
足の神様|服部天神宮
地図

豊中市 主要神社  初詣

豊中市
スポンサーリンク
じゃんくをフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
とよエンジン home

コメント